イメージ画像

看護師転職のタイミングは?

看護師をしている人なら、誰しも一度は転職を考えたことがあると思います。 とはいえ、転職のタイミングはいつがいいのか分からない看護師もいるでしょう。

看護師の転職するタイミングや、現在の看護師の求人が売り手市場になっている状況について見ていきましょう。 まずは、看護師の転職する時期と准看護師の求人募集の出る時期について見ていきます。

<<看護師の転職を考える時期>>

看護師が転職を考える時期は、10~3月が多いです。 年度替わりから転職をして、新しい職場で心機一転したいと考える看護師が多い一方で、病院側も1人でも多く看護師が欲しいので、たくさんの求人情報を出します。

よい求人情報が出るタイミングを見て、転職したいと思う看護師もいます。

<求人募集が多く出る時期>

看護師の求人サイトでは、10月頃から求人の数が増え、看護師の転職を積極的に応援してくれます。ですので、より熱心なサポートやよい求人が得られやすいのもこの時期です。

病院側も、4月から新しいスタッフを揃えてスタートしたいと考えているので、他の医療機関よりも求人条件を上げて募集することもあります。

看護師の求人募集は4月の入職を対象にした募集が特に多いです。転職する看護師の場合、この時期は、求人の選択肢が多いので、もっと自分のキャリアを活かせる転職や、自分のスキルアップができる職場への転職をオススメします。

看護師が転職する時期、求人募集が多く出る時期について見てきました。 こうやって見てくると、転職したい看護師の数が増えすぎて転職をするのが難しいのではと考える方もいるでしょう。ところが実際には、看護師の転職の求人は売り手なので非常に転職しやすい状況です。

ではなぜ、看護師が売り手市場なのか見ていきます。

<<看護師が売り手市場?>>

売り手市場という言葉を聞いたことがありますか? 売り手とは、就活生や求職者のことを指していて、つまり看護師の求職者よりも雇用側の求人の数の方が多いことを表しています。

看護師の仕事は、変則的な勤務でいて、命に関わる大変な仕事です。体力仕事だあることに加え、毎日の緊張や不安といったストレスもあり、精神面も強くなくてはいけません。

また、育児や家事との両立が難しいという理由で退職する看護師もいます。 辞めてしまう看護師がいると、同じ職場の看護師の仕事量が増えてしまい、仕事の負担増を嫌って新たに辞めてしまう看護師もいます。こういった事から、看護師不足は解消できずにいます。

2006年に診療報酬の基準が改定され、患者7人に対して看護師は1人配置する義務付けがされています。そのため、病院側も看護師の確保に必死なので、看護師の仕事は売り手市場になっているのです。

上記では、看護師の転職の時期や看護師は売り手市場について見てきました。

看護師の求人募集は多い月であれば、良く選べるかもしれませんが、多く求人が出ているということは、それだけ他の看護師も狙っているということです。

また、看護師の仕事が売り手市場になっている今、他の職業に比べて求人も多いので就職先もあります。 転職を決めたら、すぐにでも求人サイトをチェックしましょう。非公開求人も多いので求人サイトに登録しておくと便利です。
愛媛労災病院

失業保険をもらう方法

失業保険とは、何らかの理由で仕事を辞めてしまった人が、生活に困らずに就職活動を安心して行えるように支援してもらえる保険です。 では、失業保険をもらうにはどうしたらいいのか、手続きはどこでするかなど紹介していきます。

<<失業保険をもらうには>>

失業保険の手続きはハローワークで行います。失業するときに勤めていた職場から「離職票」という書類をもらいます。離職票等をハローワークに提出して、受給できるか判定されます。受給の判定が通っても、その場ですぐに受け取れるわけではないので事前に確認して、早めに手続きすることをオススメします。

また、失業保険をもらうには条件があるので、見ていきましょう。

<受給条件は?>

1年以上勤めていて、前の職場が雇用保険に加入していることが条件になります。パートでも週20時間以上30時間未満の勤務であれば、雇用保険に加入する義務が雇用側にあります。

失業支給は、再就職をする人のために支援するお金なので、妊娠・出産・病気などですぐに働けない人は、対象外となり失業給付を受け取ることができません。

<いくらもらえる?>

年齢にもよりますが、退職前の6か月分の給料を元に、1日あたりに受給できる額の上限が決まっています。 現在は、30歳未満ですと6,405円、45歳以上60歳未満が7,805円となっています。

条件を満たしていても、手続きをしたらすぐに受け取とれるわけではありません。また、失業した理由によっても受給期間が違ってきます。

どのように違うのか見ていきます。

<退職理由が自分の都合場合>

自分の都合で退職した場合、手続きをしてからから失業受給まで約4ヶ月ほどかかります。ただ、うつ病や家族の介護など正当な理由の場合のみ、倒産や解雇と同じ扱いで「特定理由離職者」となり、1か月後になりますが早く受給してもらえます。

<退職した理由が会社の都合の場合>

雇用側の都合で退職した場合、手続きをすれば7日後には受け取ることができます。とはいえ、就職活動も何もせずにダラダラしていると対象外とみなされます。

4週間ごとに受給の認定日があるので、ハローワークへ行き、就職活動をしているかを証明する紙を書いて提出、面接の結果や経過などについてもチェックされます。そこで認定してもらえればまた、受け取ることができます。

<給付を受けられる期間>

年齢や雇用保険に加入していた期間、退職理由によって給付期間が違ってきます。

・自分の都合で退職した場合
30歳未満で5年以上10年未満で90日

・雇用側の都合で退職した場合
30歳未満でも5年以上10年未満で120日に期間

給付を受け取ることができます。その時間を使って、再就職先を探しつつ、これからのステップアップのために勉強して資格を取るものいいでしょう。

失業保険の手続きやもらうための条件について紹介してきました。

早く再就職先を見つけて働きたいという人もいれば、少し休息を取りながら再就職先を探す人もいるでしょう。 失業保険をうまく使って新しい就職先を見いつけていけるといいですね。

緩和ケアの認定看護師とはどういうものか

緩和ケアの認定看護師をご存知でしょうか。 緩和ケア認定看護師は、ガンなどの進行性の疾病が原因で起こる 苦痛を緩和することが役割となっています。

患者の病状の進行によって起こってくる肉体的な痛みは もちろんですが、精神的、社会的な苦痛症状を少しでも 緩和することを目的としています。

患者により起こる症状は様々で、医学的根拠に基づき個々に対応し、 複雑な症状は専門的な技術を用いて看護します。 緩和ケア認定看護師は、一歩進んだケアを行うことを 追求されています。

緩和ケア認定看護師の育成には、様々な最新の知識や技術を必要と します。ガン患者と家族を多方面から支援できるよう、質の高い 看護業務が要求されるため、高度な能力を養う必要があります。

緩和ケア認定看護師の役割の中に、患者自身の生きることへの 意味や考え方、喪失感などの多くの感情に対するスピルチュアルな ケアも大変重要な役割になります。

進行性のある病気から起こる痛みはもちろんのこと、精神的な苦痛 は患者自身はもちろん、家族にも大変多くの苦しみをもたらします。 そのような症状を少しでも緩和することが、 緩和ケア認定看護師の最大の役割とも言えるでしょう。

これらのことから緩和ケア認定看護師は、様々な症状が現れる 患者とその家族に対し、専門的な技術だけでなく様々な情報や 技術を提供し、少しでも症状の緩和をする事を目的とした 看護のスペシャリストと言えるでしょう。

更には看護師をはじめ、周りのスタッフが緩和ケア業務を行う際、 教育や指導をすることも緩和ケア認定看護師の役割の一つです。

緩和ケアとは進行性の疾病を患い、これ以上の治療が困難と 思われる患者の肉体的な苦痛だけでなく、患者自身の様々な方面の 苦痛、更には患者の回りの人間関係をもケアし、 生活の質を少しでも向上させることを目的としています。

このように、緩和ケア認定看護師は患者の周りの大きな コミュニティー全体のケアを担う大変重要な職業となっています。

糖尿病看護の認定看護師とはどういうものか

糖尿病看護のエキスパートである認定看護師の主な業務は、 糖尿病患者だけでなく患者の家族に対しても 健康な生活が送れるように、食事指導や生活指導を行います。

合併症になりにくい生活のアドバイスや患者自身の生活の質を向上 する事ができるよう指導なども行っております。 糖尿病だけでなく様々な合併症などに対応できるように 日々、糖尿病看護のスキルアップを目標としています。

年々糖尿病患者は増加しており、更には糖尿病のセルフケアが 大変難しくなってきています。 糖尿病患者自身によるセルフケアがより良く実践できるように、 様々な指導スキルが必要となっています。

糖尿病は生活習慣からなることが多いため、糖尿病を患っている 患者の病状だけでなく、心のケアや生活の質をもケアすることを 目的としている業務が糖尿病看護の認定看護師が行う業務です。

糖尿病の主な治療方法は食事療法がメインです。 更に運動や投薬などの方法も組み合わせることにより、 少しでも症状の改善に努めます。

また糖尿病が悪化したり、合併症が起こったりすることの無いよう 指導していくことも大切な役割となっています。

糖尿病患者特有のケアにフットケアがあります。 糖尿病患者には手足の麻痺が起こる場合があり、 足のむくみや傷ができても気づかない場合が出てきます。

その傷を放置したままにすると切断をも余儀なくされる場合があり、 糖尿病看護ではフットケアは大変重要な業務となっています。

更に、糖尿病には様々な合併症が起こりえます。 糖尿病自体よりも合併症の症状が悪化して、 より重度の疾病を患う場合もあるため、 多方面からのトータルケアや指導が必要となっています。

糖尿病看護の認定看護師はほかの疾病と比べて、 より患者や患者の家族と深く関わる場面が多く出てきます。

糖尿病に関する幅広い知識とスキルが求められる職業ですが、 その専門教育を受けたのちの認定看護師の資格を受けることが できれば、更なる自信と活躍の場が与えられるでしょう。

このページの先頭へ