イメージ画像

夜勤専従看護師に必要な知識・経験

夜勤専従看護師といえば高収入が期待できる働き方としても知られています。 また、子育てが落ち着いて復職をしようと思ったものの、交代勤務が難しいために夜勤専従看護師を選択するという方も多いようです。

ただ、夜勤専従看護師ということになるとどのようなスキルが必要なのかというのはとても気になる問題ですよね。 果たして自分でも夜勤専従看護師として働くことができるのか不安に感じている方のために役立つ情報をご紹介します。

まず、病棟で夜勤を担当することになる場合、主な仕事は体位交換のほかトイレの介助、おむつ交換、点滴の管理や採血、検温といったものになるでしょう。

そのため、これらの経験があれば特に問題なく働くことができます。

ただし、救急外来として働く場合には救急患者さんの受け入れを担当する形になるため、かなり慌ただしくなると思っておかなければなりません。 例えば、当直の医師が行う診察の介助のほか、病棟への連絡や患者さんに対する説明なども看護師が行うことになります。

こういった作業を1人で行わなければならないところが多いのですが、初めて救急外来の夜勤をしようと思っているのであればまずは2人以上の看護師が設置されるところを選びたいですね。

病棟の場合は複数看護師がいるため夜勤に慣れていない方でも仕事を教わりながら学んでいくことができるでしょう。

病棟での夜勤経験があればできることばかりなので、夜勤専従だからといってそれほど構える必要はありません。

夜勤専従スタッフが特に困りがちなことといえば患者さんが入院または転入したタイミングに病棟にいないことが多く、顔と名前が一致しないこともあるという点です。

そのような状況でも正確に病態を把握しなければならないため、責任感が強く、冷静に対応できる方が求められています。

夜勤というと辛いイメージがあるかもしれませんが、夜勤専従として働くのであれば交代制の職場よりも働きやすく、体調管理もしやすいでしょう。

このページの先頭へ